三人の人

メリットがある

外壁塗装について知ろう

外壁塗装の重要性を知っている人はあまりいません。一般的な外壁塗装のイメージはペンキを塗るようにその外観がきれいになるという点です。住宅の外観はとても重要です。住宅を見ればその人の生活環境が一発でわかってしまうからです。 例えば庭が手入れされていない人はいい加減なイメージや忙しすぎる生活をしているイメージがあり、どこか余裕がなさそうな感じに見えてしまいます。 外壁塗装でいえば、塗装が剥げたり色落ちしかかっていればマイナスのイメージが付いてしまうのです。そういう意味では確かに外壁塗装の目的は美観なのです。 ですが、外壁塗装の価格はそれほど安くはありません。最低でも50万円近くはするのです。質のいい塗装だと100万円ぐらいはします。

意外に知られていない塗装の重要な役割

なぜそんなに高いのでしょうか。たかだか見た目をよくするだけでそんなに高いのなら塗装はしないほうがマシという人が多いのではないでしょうか。 価格が高いのにはしっかりとした根拠があります。それは、外壁塗装が住宅を雨風から守る役割をしており、その結果住宅の寿命を延ばすことができるからです。 日本の住宅は木造住宅で30年が寿命と言われています。ですが、それはメンテナンスを怠った時の話で、しっかりとメンテナンスをしていれば50年でも100年でも持つのです。 定期的に外壁塗装をすることで、その住宅の寿命があと30年伸びたとしたらどうでしょうか。10年に一度の50万円という金額の出費は決して高いとは言えないはずです。